目の印象こそ大事!アナタの印象、二重整形で変えちゃおう!

半永久的な二重なら

女性

ダウンタイムを抑えるコツ

二重整形を行いたい方で、半永久的に保つ二重を作りたいと考える方もいらっしゃる事でしょう。また、中には埋没法で二重にしたのはいいものの、すぐに糸が切れてしまい戻ってしまった…という方も多いのでは。そんな方におすすめの施術が切開法です。切開法はその名の通り、目の一部を切開して二重にする方法ですが、切開の方法は三種類あります。部分切開、目頭切開、全切開です。その中でも人気の切開法が目頭切開と全切開です。目頭切開では離れ目の改善が期待でき、全切開法では半永久的な二重を手に入れる事が出来ます。まず、切開法のメリットですが、なんと言っても一重まぶたに戻る心配が無いという事が挙げられます。その上、まぶたの脂肪が無くなるので、二重になるだけでなく、よりスッキリとした目元にもなります。また、目頭切開の場合は、日本人の目が小さく見えてしまう理由である蒙古ひだを切る為、離れ目が解消される効果があります。実際に埋没法の糸ではアレルギーのような症状を起こしていた方も、切開法であればそういったリスクを避けて二重にする事ができます。切開法ですが、全身麻酔と局所麻酔を場合に応じて使い分けて手術が行われます。二重幅の脂肪などを取り除き、まぶたを切開します。そして二重を形成する為に縫合し、一週間後抜歯をする事で手術は終了となります。この通り、切開で二重整形を行う際はダウンタイムがある事を事前に覚えておくと良いでしょう。切開法は華やかな二重になりたい方や、半永久的に二重にしたい方におすすめの施術です

ダウンタイムの差

二重整形はその手術内容や予定している二重の幅の形成によってダウンタイムに差がでます。例えば、二重の幅を広く作りたい場合は、二重が定着するまで時間がかかってしまいます。また、術前の体がむくんでいる場合は、術後のダウンタイム時にむくみが激しくなってしまうので注意が必要です。水分の摂取は控えめに心がけ、アルコールは当日の前後3日ほどは避けるべきでしょう。